インフルエンザA型とB型で症状の違いを感染した子供と医者の話から比較してみた


どもども。ぽんこつママこなすです。

 

あ~ん、だいぶ久しぶりに、わたしのいるべき場所に帰ってきた感じ。5日ぶりの更新です。ぽんこつママを応援してくださっているあなた、ご無沙汰しております。

 

さて、タイトルにもあります通り我が家ではインフルエンザが大流行してしまいまして、最後の最後までがんばっていたコタローもB型インフルエンザにかかりました。

 

そして、わたしもコタローとほぼ同じくして発熱。ところがわたしは陰性だったのです。先生には次の日検査したら出たかもと言われたので、ほぼB型とのことで薬が処方されました。

 

A・Bの両方に感染したコタローですが症状に違いがあったので、先生から聞いた話とあわせて記事にしていきます。

Sponsord Link

先生が教えてくれたインフルエンザA型とB型の症状の違い

我が家でインフルエンザが流行した経緯は、【医者も驚いた珍しいケース】インフルエンザの脅威が再び我が家を襲うから読んでくださいね。

 

では、先生が教えてくれたインフルエンザA型とB型の症状の違いから見ていきましょう。

 

A型よりB型のほうが感染力が弱い

 

小児科の先生がいうには、インフルエンザウイルスはA型よりB型のほうが感染力は弱いという話でした。たぶん子どもがいるご家庭では、ニュースを見て知っている人も多いでしょう。

 

A型よりB型のほうが症状が軽い

 

そして、これもよく知っていることかもしれません。インフルエンザの症状は、A型よりB型のほうが軽くで済むということ。

 

ということは、インフルエンザA型は驚異といってもいいでしょう。だからといって、B型が流行することもあるので、やっぱりインフルエンザは恐ろしいですね。

 

コタローを見て感じたインフルエンザA型とB型の症状の違い

Sponsord Link

先生から教えてもらった話と比較してみると、先生の予想をくつがえすようなできごとばかりが襲ってきたので、その違いをお話します。

 

B型インフルエンザのほうが感染力が強かった

最初に我が家をインフルエンザの恐怖に陥れたウイルスは、長女がかかったA型でした。A型のほうが感染力が強いと内科の先生から話があったので、小さな子が3人もいる我が家は本当に恐怖でした。

 

ところが次に発熱したコスモを小児科に連れて行くと、結果はB型。小児科の先生もわたしも首をかしげましたが、とにもかくにもB型ということ。

 

長女は自分の部屋から必要最低限出てこないよう隔離していたものの、コスモはさすがに隔離できずにいました。

 

そうすると今度はコモモが発熱。コモモはインフルエンザ検査では陰性でしたので風邪という診断だったのですが、インフルエンザの疑いでインフルエンザ用の薬が処方されました。

 

コスモの症状が落ち着きを見せたので、これで収束しそうと思ったのもつかの間。今度はコタローとわたしがほぼ同時に発熱。うひょー( ゚Д゚)

 

コタローは案の定B型インフルエンザが陽性。わたしは1人で内科受診したのですが、インフルエンザは陰性でした。

 

でも、家族にこれだけインフルエンザがいるとなれば、タイミングが悪かっただけでインフルエンザで間違いないと言われました(*_*)

 

わたしとコタローが発熱するころには長女はすっかり完治していたので、わたしもB型でしょうとのこと。つまり、B型のほうが感染力が弱いというのは我が家には当てはまらなかった のです。

 

感染力の強いといわれているインフルエンザA型は、長女1人だけでした。内科医も小児科医も予想を反するできごとだったでしょうね(;^_^A

 

確かにB型インフルエンザのほうが症状が軽い

 

昨年、A型インフルエンザにかかったコタローで、B型と症状の違いを比較してみたところ、確かにB型のほうが軽いっちゃー軽い・・・。

 

あ、A型インフルエンザにかかったときの症状は、4歳児がインフルエンザで幻覚や幻聴に異常行動の症状が出ると危険?を読むと、くわしくわかります。

 

幻覚や幻聴に異常行動はありません。熱も40度を超えることはなかったです。高熱でも走り回る元気があり、夜もしっかり眠ってくれました。

 

食欲はあまりないですが、食べないわけではないので心配することもないです。ただ、発熱して今日で6日目。まだ下がりません(・´з`・)う~ん。

 

軽いけど長引く感じです。わたしも昨日まで熱がありました。そして、最初にB型に感染したコスモも、薬を飲んで3日目ぐらいから平熱になり、2日後から登園できそうだなと思っていたら登園予定の前日からまた高熱。

 

コスモ、コモモともに高熱が長引きました。コタローはわりかし元気なので症状が軽いと思いましたが、1歳のコスモと3歳コモモは元気がなく泣いてばかりの甘えてばかりだったので、症状はきつかったのだと思います。

 

今回のインフルエンザで3匹のこぶたちゃんたちに共通したことが、インフルエンザの症状だけでなく腸炎の症状も出るということ。

 

これは、コスモとコモモの熱が再びあがってコタローも熱が出た次の日に、3人受診させた旦那おったんが小児科医から聞いた話です。

 

なので、A型より少し症状が軽いB型かもしれませんが、やっぱりインフルエンザは普通の風邪より症状が重く、子どもは長引くということがわかりました。

 

まとめ

それではまとめでーす。

 

A型インフルエンザにかかった長女は、4日で熱が下がりました。

 

B型インフルエンザにかかったコスモは6日で熱が下がり、インフルエンザが出なかったコモモは7日目で下がりました。

 

そしてまだ熱の下がらないコタローです。3匹のこぶたちゃんたちに腸炎の症状もありました。そうそう、コスモとコモモは嘔吐の症状もありましたよー!!!

 

各地でインフルエンザが流行しているようなので小さなお子さんがいるご家庭は、ご注意を。今回のインフルエンザで唯一元気でいつづけた旦那おったん。

 

最後の最後におったんが倒れないことを願って、みんなが回復したら精のつくものでも作りたいと思います。

 

いつだよって感じ?わたしもまだ完全回復していないので、体力が戻ってから腕を振るう予定ですよー。大した腕はありませんが笑。

 

やっとで更新できてうれしいこなすなのでした~(*´▽`*)チャンチャン♪

Sponsord Link

 

Pocket

2 件のコメント

  • こなすさん

    こんにちは、アラタと申します^^

    こなすさん家のインフルエンザすごいですね^^
    我が家も下の娘(8歳)が発熱して38度を超えた時があったので、病院にはいったものの、特にインフルエンザではなく、熱は結構すぐにおさまったので事なきを得ました^^

    学校では学級閉鎖やら学年閉鎖やらでとんでもない事になってますが、何故かうちの子供達のクラスは「無風」です^^

    まぁ、クラスで数人インフルエンザが出たタイミングもあったようですが、今のところ広まってはいないです^^

    このまま何も無ければ良いのですが><

    • アラタさん、はじめまして^^

      我が家のインフルエンザ流行は、
      やっとこさ収束いたしやした(;’∀’)

      インフルエンザじゃなくても
      高熱って子どもにとっても親にとっても
      キツイですから、事なきを得たということで
      安心しました^^

      クラスの子どもたちも素晴らしいですね!
      このまま広まらないことを
      私も祈っています。

      コメントありがとうございました!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です