【医者も驚いた珍しいケース】インフルエンザの脅威が再び我が家を襲う


どもども。ぽんこつママこなすです。

 

昨年末、4歳の息子に牙をむいたA型インフルエンザ。幻覚や異常行動といった怖い症状に、心身ともに憔悴しきった我が家でしたが、またしてもインフルエンザが我が家に着陸。

 

4歳児がインフルエンザで幻覚や幻聴に異常行動の症状が出ると危険?の記事を読んでいない人は、こちらも参考にしてみてくださいね。

 

今回は、医者も驚いた珍しいケースが我が家を襲いました。インフルエンザは型によって流行シーズンが変わります。

 

ところが現在流行しているインフルエンザは、シーズンを無視して人々を恐怖に陥れています。どういうことか、担当医から聞いたことをお話します。

Sponsord Link

始まりはインフルエンザで学級閉鎖

去った金曜日のこと。長女の通っている学校でインフルエンザが猛威をふるい、学級閉鎖になったことからはじまりました。

 

学級閉鎖になったその日、長女が頭痛と鼻水の症状を訴えていた んですね。それってインフルエンザの可能性あるよね~なんて軽く話していました。

 

この時点ではまだ発熱もしていなかったので、風邪であることを祈りつつ、いつもより念入りに予防策を取っていました。

 

インフルエンザA型確定

 

学級閉鎖になった日の夜からとうとう長女が38度を超える発熱。うわ~絶対インフルだよね~。という予想がドンピシャ。

 

次の日の土曜日、病院で検査を受けたところA型のインフルエンザがくっきり陽性を示していました。どうかせめて、3匹のこぶたちゃんたちにうつりませんようにと願うわたしと旦那おったん。

 

いつもの予防をさらに強化し湿度調整やら消毒やらしていたのですが、ときすでに遅し。日曜の昼すぎから1歳11か月の末っ子コスモが発熱。

 

あ~きっとA型インフルエンザだよね~。

 

インフルエンザが出たには出た、が!!

 

日曜日は様子を見てすごし月曜日に受診しました。先生には長女がA型インフルエンザということを話し、検査したところ・・・。

 

インフルエンザが出たには出たんです。が!!!

 

陽性反応を示したのはなぜかB型だったんです。

 

・・・え、B型ですか?

 

う~ん、B型なんだよね。と先生に差し出された結果のプレートを見ると、確かにBと書かれているところに線が入っている・・・。

 

こなす
あの、先生、こんなことってあるんですか?

 

非常に珍しいケース ですと先生も驚いていました。先生の説明では、こなすの住んでいる地域の隣(北より)ではA型インフルエンザが多く出ています。

 

そして、こなすの居住地区ではA型とB型、両方のインフルエンザが流行しているということでした。なんだかスッキリしない回答でしたが(;・∀・)

 

考えてみると感染経路が違う

先生も驚く珍しいケースとして、我が家ではA型とB型のインフルエンザが混在しています。よ~く考えてみると、感染経路が違うのでありうるなと納得できたわたしの仮説。

 

長女の通っている学校は、我が家の居住地区より北側。そう、A型が流行中と先生が言っていた地域なんです。

 

そしてコスモの通っている保育園は、居住区と同じ地域。つまり、A型とB型が同時に流行している地域にあります。

 

案の定保育園でも、少ないけどもA型のインフルエンザで休んでいる子と、B型のインフルエンザで休んでいる子がいる という話でした(圧倒的にB型が多い)。

 

そこで諸悪の根源疑惑のかけられていた長女が感染源ではないことが判明。となれば、それぞれの学校でインフルエンザに感染したものと考えられます。

 

先生が本当に驚いたレアケース

Sponsord Link

月曜日にコスモのインフルエンザが確定したその日の夜。次は次女コモモが発熱。インフルエンザの脅威が再び我が家に牙をむきました。

 

オーノー(ノД`)・゜・。コモモマデデスカ?

 

A型とB型が混在している我が家。可能性としてはコスモと同じ園に通っているので、B型でしょうけれど、保育園にも我が家にもA型インフルエンザがいるので、どっちかわからない・・・。

 

このタイミングで風邪

 

B型のインフルエンザは症状が比較的軽いと先生から聞いていたのですが、思ったよりもコスモの症状は重く、シクシク泣いて一睡もしませんでした。

 

なので、次の日の火曜日は旦那おったんに有給を取ってもらいコモモを病院に連れて行ってもらいました。

 

39度を超える発熱だったことからA型の予想をしていたわたしたち夫婦。先生も両方可能性あるねと検査した結果。

 

まさかの陰性・・・(;゚Д゚)

 

先生もびっくりしたのでしょう。突然こんなことを話しはじめたようです。

 

担当医
いやね、昨日の患者さんで、お姉さんがA型のインフルエンザで妹がB型のインフルエンザが出てね。珍しいというか、今まで聞いたことないケースで驚いたよ。

 

と話したんだそう。それを聞いた旦那おったんは、「あ、それうちの話です」と言ったんだそうです(笑)。そしたら先生はもっと驚いて、

 

担当医
え~~~!?お宅だったんですか!!それにしてもこの子はインフルエンザじゃないって、非常に珍しいレアなケースですよ。こんな話見たことも聞いたことありません。すごい家族ですね。

 

そういって本当に驚いていたようです(;^_^A

 

インフルエンザは5日間で完治するはウソ!?

先生はさらにこんな話もしてくれたそうです。インフルエンザにかかった場合、熱が完全に下がってから3日後から出勤や登園・登校ができるのが一般的ですよね。でもね、実は完治してるわけではないということ。

 

インフルエンザウイルスが死滅して体からいなくなるまでには、本当のところ2週間かかるそうです。

 

ですが、2週間も休んだら仕事も勉強も大変なことになりますよね。熱が下がり体力が戻って元気になるのが約5日間なので、休みを5日間としているだけということ。

 

確かに感染力は弱まっているというのもあるようですが、5日間ではまだウイルス自体は死滅していない そうです。

 

 

なぬ~~~~!!!

 

医者によっても考えかたって違いますから、あくまでこの先生の見解にすぎません。ただ、年々インフルエンザが猛威をふるい、人々を恐怖に陥れているのは事実です。

 

B型インフルエンザは症状が軽いのか?

 

先生によれば、A型よりはB型のほうが症状が軽いと言っていました。それは本当かといえば本当かもしれません。

 

確かにA型のほうがB型よりも高熱が出ます。先月A型インフルエンザにかかったコタローは、41度を超える高熱に、幻覚や異常行動といった重い症状に悩まされました。

 

長女も39度を超える高熱にひどい頭痛がともない、とても辛そうでした。1歳11か月のコスモの症状がどうだったのかお話しましょう。

 

B型インフルエンザ1歳児の症状

1歳11か月のコスモ。人生初となるインフルエンザはB型。熱は最高で39.6度となかなか高めでした。そして可哀想だったのは、

 

体がきつそうなのに、眠れなかった ということ。そうなんです。ちょっと眠ってはすぐ目が覚めてを繰り返していました。

 

しまいには看病しているわたしが眠りこける始末。でも、コスモは起こすことなくひたすら暗闇の中、わたしの頬をやさしくなでたり、わたしの腕をなでたりしていたのです。

 

もちろんウトウトして触られては目を覚ましていました。わたしは泣かないコスモのおでこを触ったり、お腹をトントンしてみたりしたのですが、眠らない・・・。

 

眠れないことや体がきついことがストレスになったんでしょう。次の日はずーっと機嫌悪く泣いてばかり。

 

すっごく可哀想でなりません。また、インフルエンザの検査をしたその日の夜、嘔吐もありました。初めての高熱に初めての嘔吐。

 

小さいながらに怖かったようで吐いたあと呆然としてたかと思うと、吐いたものを片づけるわたしを見ながら号泣するではないですか。

 

もうね可哀想で代わってやりたくて胸が苦しくなりました。大丈夫だよと言って抱きしめることしかできないのが悔しかったです。

 

吐いたのは、病院に行った日の夜と次の日の夕方の2回。今は熱は下がったものの、食欲はなく今度は少し下痢気味になっています。

 

ただの風邪だったコモモは

 

このタイミングで本当にインフルエンザではなく、ただの風邪なのか?と疑うような症状です。先生は、家族にインフルエンザが出ていて、うっすらとも陽性反応を示さなかったのでインフルエンザではないとのことでしたが、

 

39度を超える高熱にひどい頭痛を訴えています。食欲もなく嘔吐アリ。コスモにも処方されたインフルエンザの薬「麻黄湯(マオウトウ)」が風邪にもよく効くということで、コモモも処方されました。

 

それでも39度台の高熱がつづいています。頭痛に気分の悪さも訴えています。元気もありません。鼻の粘膜が弱いコモモは、少量の鼻血も何回か出ました。ただ救いになっているのは眠ってくれることです。

 

眠ればある程度体力が回復するでしょうし、体力が回復すれば症状もよくなっていくと思うからです。明日も変わりなくぐったりと元気がなければ、また病院に連れて行こうと思います(>_<)

 

まとめ

医者も驚いた我が家はインフルエンザのA型とB型が混在し、おまけにこのタイミングでただの風邪というレアなケースになっています。

 

今のところ、わたしと旦那おったん、先月A型インフルエンザになったコタローは症状が出ていません。ただ疲れがたまっているので、片頭痛が起こってるわたし。

 

早めに風邪薬を飲んで対処しています。我が家のかわいい娘たちが次々とインフルエンザや風邪をひく中、残りのおなごはわたしのみ。

 

きっとわたしもインフルエンザや風邪菌の餌食になるんだわ~~~なんて思っていたら、どうやらウイルスはわたしをおなごと認めてないらしい・・・。

 

うれしいやら悲しいやら複雑な心境ということは言うまでもなかろう(-“-)チッ

いつも応援ありがとうございます。

あなたの応援を励みにしているこなすなのでした~(*´▽`*)サンキュ♪

Sponsord Link

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です