子供は親の言葉づかいや仕草を真似するから気をつけないといけないよね


どもども。ぽんこつママこなすです。

 

子どもってどうして親の真似をするんでしょうね。いつの間にか言葉づかいや仕草をマスターしてくるので、親としての品格のなさが子どもを通してバレバレです(;´Д`)

 

いいところだけを真似すればいいのに・・・と思ってしまうのですが、子どもの真似っ子ってどのご家庭でもあるあるじゃーありませんか?

 

ちょっと気になったので、我が家の3匹のこぶたちゃんがどんな真似っ子をしているのかお話します。

Sponsord Link

びっくりするのは言葉づかい!

 

どんな言葉を真似するのかというと、必ず汚い言葉なんですよね~。そういう言葉って耳に残りやすいのかしら(・´з`・)

 

たとえばコタロー。

 

コタローは基本的にパパっ子なので、ほとんどがパパの言葉。イントネーションまで真似てくるから怖い。 とーくーに!!車を運転中のパパはかなり言葉づかいが悪いです。

 

わたしが運転しているとコタローが突然、

 

コタロー
ウィンカーぐらいだせよ、このヘタクソが!!!ね~ママ。

 

なんて言ったのでびっくりしました。うわわ~~~。わたしが心の中で思っていたことそのまんま言ってる~(;゚Д゚)

 

あ、イヤこっちのびっくりじゃなかったわ。なんて汚い言葉づかいかしら!!!!

 

ほかにも、バカタレだったり、アホだったり、沖縄の方言で暴言を吐くなど聞いてて恐ろしいし恥ずかしくなってしまいました。

 

わたしの言葉づかいを聞いたのは、お風呂で1回だけ。どんな言葉づかいかというと、

コタロー
こら、おまえたち!ちゃんとなかよくしないとダメでしょ!!

 

と、妹2人に説教してたんです(笑)。それを聞いて、わたしって「おまえたち」って言ってたんだ~と反省。まぁ、旦那おったんよりは可愛らしいかもしれませんが、それでも真似されると恥ずかしいもんです。

 

コモモも、

コモモ
うるさい、だまれバカ、ブッ!!!

 

この最後の「ブッ」は、うちの子たち3人ともやるワザですが、口をとがらせて空気をブッと吐き出す感じで人をバカにしたような、わりとムカつく行為です。

 

いつも注意するのだけれど、なかなかやめてくれません(・・;)

 

コスモはまだ言葉数が少ないので、「ベーだ、ブッ(コスモもするようになった)」ぐらいです。ただ、ケンカしているときは、コスモなりに何やら一生懸命訴えて反撃しています。

 

仕草は再現性が高い

Sponsord Link

この仕草というのは、ほぼわたしの真似なんですがね。わたしって子どもたちを注意するとき、必ず仁王立ちになり、腰に手をあてて怒るんです。

 

旦那おったんには、「昔か!!」といわれるので、できれば真似てほしくない仕草なんですよ~(*_*)

 

ほかにも、

コタロー
あ~~~こしがイタイ~~~

と言いながら腰をこぶしでトントン叩くんですね。

 

ぎゃ~~~~それってわたしっっ!!!

 

ってなもんですわ。トホホ。こんなことを保育園とかで披露しているのではないかと、いつもヒヤヒヤ。

 

ただね、この真似っ子、悪いところが目立つってだけで、ちゃーんといいところも真似てるんですよ。

 

コモモはわたしがご飯を作っているのをよく見学するのだけれど、保育園でも再現しているようなんです。おままごとをすると、必ずといっていいほど料理をしているんですって。

 

教えてあげたらきっと料理上手になるかもな~。なんて、コモモを料理上手に仕込んで、我が家のコックになってもらおうかしらと悪だくみのわたし。ウシシ。

 

いいところを真似てもらうようにする

いいところを真似てもらうように意識するだけで、きっとわたしたちの言動が変わる と思っています。現にあまり真似てほしくないことは、

 

「ってー言っちゃダメよ」

 

と悪い言葉を使ってもすぐあとから気づいてつけ加える。そうすると子どもたちも「わかったー」と言ってくれます。

 

そもそも悪い言葉を言う時点で親としてアウトなのですが、これも訓練です。ということは、悪いことばかりにフォーカスするより、真似てもらいたいことに意識を向けるのもいいかもしれません。

 

たとえばパパとママが仲良くおやつをわけ合っているところとか、お互いにありがとうの声かけをたくさん言い合うとかですね。

 

あとは子どもたちを大げさでもいいので、いーっぱい褒めて褒めて褒めまくる!!! それをしていくと、人のいいところを見て褒めるようになります。

 

コタローも妹たちを褒めるんですね。「なかよくあそんでえらいねー」とか、「あら、コモモはコスモにちゃんと、おもちゃを『はいどーぞ』できておねえちゃんだねー」とかいってます( *´艸`)カワイ♪

 

まとめ

悪い言葉づかいってどこで使うかなんて監視も制限もできませんから、やっぱり親が注意して使わないようにしなければいけないですよね?

 

品格のなさが子どもを通して浮きぼりになるって、これほど恥ずかしいことはありません。

 

おったんとも話し合って、2人で汚い言葉がでたときに注意しあうことにしました。キレイで可愛い言葉づかいを意識しなきゃね!!

 

そして真似てほしい言動を意識する!!

大げさでも子どもを褒めまくる!!

 

真似てほしいいいところにフォーカスすると、自然に子どもたちも真似するんだろうなと思いました。いい言葉はたくさん吸収してもらいたいものです。

 

こんなステキな言葉をラジオで聞いたのでご紹介。

 

出ていく言葉が美しければ、帰ってくる言葉もまた美しい。

ちょっと、誰の言葉だったのかまでは思いだせないのですが、とてもステキだと思います。

 

よーーーし、子どもたちに真似されてもいいように、美しい言葉をたくさん覚えよー♪(そこから?笑)子どもたちの成長とともに、親としても成長しなきゃと思ったこなすなのでした~(*´▽`*)

 

年末のご挨拶

今年はぽんこつママを読みにきてくださり、

ありがとうございました!!

 

まだまだ記事数は少ないですが、あなたが遊びにきてくれることが本当に励みになっています。本当なら来年の目標を今年最後の記事にしたかったのですが、なんせ師も走るしわす。

 

ぽんこつなこなすも走るのです(笑)来年もぽんこつなわたしにお付き合いいただけると、大変うれしゅーございます( *´艸`)

 

こなす
あなたにとって2018年が、よりステキでわくわくドキドキいっぱいの1年となることを心から願っていいます!!!

育児っていろいろあるけどさ、なんだかんだ子どもの成長ってうれしいよね(・´з`・)

Sponsord Link

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です