アウトプットが苦手なのはコレが不足?上手にアウトプットするコツは3つ!


どもども。ぽんこつママこなすです。

 

やっと冬の気配がしてきました。朝晩は長袖にしなければ凍えそうです(大げさ)。わたしはホットコーヒーが大好きなのですが、寒くなるとますますコーヒーが美味しくて恋しくてたまりません。

 

さて、今日はアウトプットについてです。ぽんこつママブログでも、わたしはよくアウトプットするのですが、アウトプットが苦手っていう人もいますよね。

 

そこで、アウトプットが苦手なあなたに不足しがちなことと、上手にアウトプットするコツを3つお話します。

Sponsord Link

アウトプットが苦手な人は何が不足?

わたしもアウトプットは苦手でした(;’∀’)そもそも何をアウトプットすればいいのかすら、わからなかったからです。

 

アウトプットが苦手なわたしもあなたも(一緒にすでないって怒らないでね)、何が不足しているのか考えてみました。

 

インプットの量が足りていない

 

すぐに思いつくのはコレですよね。アウトプットするだけのインプット量が足りていない から。たとえば本をあまり読んでいないとか、ニュースや新聞を見ていないなどです。

 

本やニュース、新聞だけだとなかなかインプットの機会がないよ~と思ってしまうかもしれませんね。何もかたっ苦しく考えなくてもいいんです。

 

あなたがマンガが好きだったら情報を得るのはマンガでもOK。動画やアニメ、ゲームが好きならそれでもいいんですよ。

 

好きなものから情報をインプットしていくほうが、楽しみながらできるので効果的。そうすれば自然と情報量が増え、アウトプットしやすくなります。

 

インプットをしすぎて情報がこぼれている

先ほどとは逆ですね。今度はインプットのしすぎです。アレもコレもとインプットしていくうちに、脳が処理できず溢れてこぼれおちてしまう んですね。

 

せっかくインプットしても、脳の保存容量を超えてしまっては意味がありません。たとえば、たくさん本を読んでインプットした気になっても、2日後、読んだはずの本の内容ってどれぐらい覚えていますか?

 

 

ほとんどの人が半分も覚えていないはずです。

わたしなんて、ざっくりとしか覚えていませんから(*´▽`*)

 

え?まさかのドヤ顔の意味がわからない?

まーまーそんなにマジに突っ込まないの♪

 

つまり何が言いたいかというと、自分の中に落とし込めない情報はすぐに忘れさってしまうということなんです。

 

また、他の情報とも混同してしまい、きちんとした情報になっていない場合もありますよ。情報を詰めこみ過ぎて脳が整理できていない状態なんです。

 

アウトプットの仕方がわかっていない

 

わりとアウトプットの仕方がわからない人も多いです。わたしがそうだったんで。何をどうアウトプットすればいいのって思いませんか?

 

アウトプットの仕方がわからないので、アウトプットが苦手と感じてしまっているだけ なんですよ。

 

上手にアウトプットするコツは3つ

Sponsord Link

それではアウトプットが苦手な人は、どうすれば上手にアウトプットできるのでしょうか?コツは3つなんです。

 

1、とにかく情報を仕入れる

最初に話しましたが情報が極端に少ない場合、アウトプットが苦手と感じてしまいます。だって、情報量が足りていないのですから。

 

ということは、とにかく情報を仕入れる習慣 を身につけましょう。本や漫画に映画、ニュースや新聞にネットサーフィンなど。

 

気になるものや好きな話題を中心に、どんどんインプットしていきます。ここで大事なのは、インプットだけしていると情報量がこぼれる可能性がありますよね。

 

つまり、1つインプットしたらアウトプットをする。

 

これを意識してください。アウトプットの方法は何でもいいです。たとえば、紙に書きだしてみるとかTwitterやFacebookでツイートや投稿してみる。

 

スマホやパソコンのメモ機能を使ってアウトプットする、家族や友人に教えてみる、ブログに書くなど何でもいいんです。わたしのおすすめは書き残すこと。

 

ブレインダンプって知っていますか?最近よく耳にしたり目にしたりするようになったんですが、脳を整理するにはとても有効なんだそうです。

 

頭に浮かんでいる言葉や何気に感じたことを、一気に紙に書きだすんですって。頭の情報を吐き出すともいわれていますが、これがとても脳をスッキリさせてくれます。

 

わたしも気づいたときはブレインダンプしています。アレもコレもと詰めていた情報を吐き出すとスッキリするほか、見返すと可視化できるので、何が大事で何が不要な情報なのかや取り組むべき優先順位まで見えてくる んですよ。

 

2、アウトプットを意識しながらインプットしてみる

 

最初は練習もかねて、インプットしたことを誰かに見せるのではなく、ブレインダンプのように自分用でアウトプットしてみましょう。

 

なんとな~くアウトプットのコツがわかってきたら、今度はアウトプットを意識しながらインプットしてみます。

 

どういうことかというと、たとえば本でインプットしているとしたら読みながら、これをどうアウトプットしていこうかと考えてみることです。

 

そうすると、本でいいと思った部分の言葉を、自分ならどう表現するかなと意識しながら読みすすめられる んですね。

 

またよくわからない言い回しがあったら、これをわかりやすく言うにはどんな言い回しだと理解しやすくなるだろうと、アウトプットを意識したインプットになっていきます。

 

3、繰り返しアウトプットする

そしてアウトプットが苦手なわたしもあなたも、繰り返しアウトプットすることです。これはもう数をこなすしかありません。

 

難しく考えなくてもいい です。たとえばブログを使ってアウトプットをしようと思うと、上手な言い回しや表現を意識しすぎるあまり、アウトプットができなくなってしまいます。

 

はじめから上手にアウトプットできる人は、ごく少数でしょう。みんな繰り返しつづけることで上手になっていくと思っています。

 

わたしも下手だったとしても自分のブログですから、ちんぷんかんぷんな内容だったとしても「今はよし!!」「繰り返し書いていけば、上手にアウトプットできるようなる!!」といい聞かせて気にしません(*´ω`*)

 

気にして手が止まってしまえば、いつまでたっても上達なんてしませんからね。最初は気にせず、自分にあった方法でアウトプットしていきましょう(≧▽≦)

 

まとめ

ということで、まとめです。

 

アウトプットが苦手なあなたはコレが不足しています。

●インプットの情報が足りていない

●インプットをしすぎで情報がこぼれている

●アウトプットの仕方がわかっていない

 

でしたね。そして上手にアウトプットするコツは3つです。

★とにかく情報を仕入れる

★アウトプットを意識しながらインプットしてみる

★繰り返しアウトプットをする

 

きっとアウトプットが楽しくてしょうがないってなりますよ~(*’▽’)

 

苦手だったわたしですら楽しくて、アウトプットできないと落ち着かないんですから(笑)。試してみてね。

 

今日もアウトプットできてスッキリしたこなすなのでした~ルンルン♪

Sponsord Link

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です