確定申告の基礎控除って何?言葉の意味から簡単に分かりやすく説明するよ


どもども。ぽんこつママこなすです。

 

新しい年も明け、ウキウキ気分でいるそこのあなた。そろそろ確定申告の時期ですよ~。忘れていませんか~?

 

専業主婦だけど、ブログやアフィリエイト、副業を何かしらしてネット収益がある場合、確定申告が必要になることがあります。

 

でも、確定申告って難しくて意味わからんちん・・・。ハッキリ言ってわたしもよくわかっていません。だって難しすぎるんだもん。とくに言葉!!!

 

きっとわたしだけじゃなくこの記事を読みに来ているあなたも、確定申告の言葉の難しさに頭を悩ませていることでしょう。

 

ということで今回は、確定申告によく登場する言葉の「基礎控除(きそこうじょ)」を、おバカなわたしでも理解できるようにわかりやす~く説明してみます♪

Sponsord Link

字からして頭が痛くなる「基礎控除(きそこうじょ)」って何なん?

 

本当に漢字って難しい・・・。見ているだけで頭が痛くなってきます。とくにわかりにくい言葉は避けたいところ。

 

そうは言っても、これから必要になってくる確定申告をわからないままにはできませんよね。わたしも確定申告について調べていくと、わからない言葉だらけで涙が出そうになりました。

 

では、そんなおバカなわたしにでもわかるように、やさしく説明しますね。

 

基礎控除(きそこうじょ)をわかりやすくすると

 

まずは、国税庁から引用。

確定申告や年末調整において所得税額の計算をする場合に、総所得金額などから差し引くことができる控除の一つに基礎控除があります。
基礎控除は、ほかの所得控除のように一定の要件に該当する場合に控除するというものではなく、一律に適用されます。
基礎控除の金額は38万円です。

引用元:国税庁

 

う~~ん、わかるようなわからんような・・・。っていうか難しい!!!

 

軽くめまいがしてしまいました。どうやら3行目にヒントがありそうです。読み解くと、基礎控除は条件などはとくになく、誰にでも適用される ということですね。

 

といっても、そもそも基礎控除自体の意味がわからんのよ。結局のところ何をどうすればいいわけ?なんて思っているのはわたしだけかしら。

 

もっともっと言葉をかみ砕いてみましょう。基礎と控除(こうじょ)をわけて意味を調べてみました。

基礎の意味

土台。ある物事を成り立たせる、大もとの部分。

引用元:goo辞書

 

ま~よく使っている言葉なので、ここは大丈夫でしょう。それでは次は控除(こうじょ)です。

 

控除(こうじょ、扣除とも)とは、ある金額から一定の金額を差し引くことを指す。

引用元:wikipedia

 

ふむふむ。つまり、基礎控除とは、収入の大もとからある一定の金額を差し引く って意味でしょう。ということは、基礎控除は庶民の強い味方ってことか?笑。

 

基礎控除があるとどうなるのか

さきほどの国税庁の引用を見てみると、『所得税額の計算をする場合に、総所得金額などから差し引くことができる』とあります。

 

ということは、総所得金額から基礎控除分を差し引いた金額で、所得税を計算する っていうわけなのね。となれば、所得税が安くなるってことなんです。

 

税金を納めるわたしたち市民の負担を軽くする制度 が、基礎控除になります。うわわ、そんなこと考えてくれてたんだ~ありがたや~。

 

じゃ~基礎控除っていくら差し引いてくれるの?という疑問が出てくるはずです。

 

基礎控除は誰でも一律38万円

 

さきに載せた国税庁の引用文にも書かれていますが、どんな人でも決まって一律38万円が適用 されます。

 

どんな人でもというのは、独身でも既婚者でも医療費を払っていてもいなくても、誰でも平等に使える制度ということ。

 

主婦ブロガーやアフィリエイト報酬は申告必要?

Sponsord Link

いろいろな情報を目にしますよね。パートは103万の壁だとかなんとか。外に働きにいっている場合、会社が源泉徴収しているので、ほとんどの場合、自分で申告する必要はないと目にしますが、どうなんでしょう。

 

103万というのは、年収です。ってそんなこと知ってるか(;’∀’)。年収が103万円を超えなければ税金はかかりません。

 

といいますのも、これにも基礎控除が絡んでいるんです。ちーとばかし難しいのですが、給与所得控除というのがあって、この控除金額が最低65万円。

 

いいですか~?ついてきてくださいよ~。給与所得控除というのも、「控除」なんで、給与所得から差し引かれるという意味ですね。

 

この65万円に基礎控除の38万円を足すと、103万円になります。控除だけで103万円になる ため、所得が0となり、所得税がかからないってことなんです。

 

パートの年収が103万円ー(基礎控除38万円+給与所得控除65万円)=0

 

では、主婦ブロガーやアフィリエイトの報酬ってどうなんでしょう。

 

所得と収入は別ものと覚えよ

何だか所得も収入も同じ意味のように感じるのですが、別ものと覚えておいてください。

 

収入は、ブログやアフィリエイトで得た報酬そのもの。

所得は、ブログやアフィリエイトの収入から経費を差し引いたもの。

 

副業で20万円以上の所得があった場合は、確定申告の必要があります。では、専業主婦がブログやアフィリエイトで報酬を得たらどうなるの?という疑問が出てきます。

 

専業主婦でも申告が必要なライン

 

専業主婦をしながらブログやアフィリエイトで報酬を得た場合、年間所得が基礎控除の38万円を超えたら申告が必要になります。

 

ここで思いだしてほしいのが、所得が38万円以上です。収入ではないですよ(・・;)そうです。ブログやアフィリエイトで得た収入から、経費を差し引いた金額です。

 

収入が年間で40万でした。そして経費が5万円だったとします。そうすると所得は、

40万円ー5万円=35万円←この金額が所得

 

経費と認められるものも結構多くあるので、早めに調べてみてくださいね。んで、この計算で出すと35万円が所得ということになるので、申告は必要ないラインです。

 

ですが、アフィリエイト収入は判断基準があいまいなこともあるようなので、お住いの税務署に確認したほうが確実です。

 

まとめ

今回の記事は苦労しました。なんせ、わたしの嫌いな分野だったからです。頭に汗をかくどころか、脳みそが汗かきまくっていましたよ~。

 

でもこれで、自分でも理解することができました( *´艸`)あなたも基礎控除の意味が理解できましたか?意味が理解できたからといって、ここで終わりじゃないのが確定申告。

 

まだまだわからない言葉があるし、申告のやり方も覚えなきゃだよね。あと、確定申告するための書類ってちゃんと準備していますか?

 

あれだよ、アレ、帳簿っちゅーやつ。アレが1番の難所だよねー。自宅で仕事をするようになってから、領収書は取っておくようにしているんだけども、記帳でつまづく人がほとんどかもしれません。

 

カンタンにできる会計ソフトは便利よ~。自動計算までしてくれるんで助かります。は~便利な世の中になったのぉ。

 

会計ソフトなんてなかったら、税理士に高いお金払ってお願いせんといかんでしょ?自分でできればなんの問題もないのですけどね。

 

確定申告の時期がきてあせる前に、わからない言葉はやっつけましょー。確定申告については、もう少し勉強してみるこなすなのでした~(*´▽`*)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です