1歳8か月末っ子はたくましい!生存本能が強くなる理由は?


どもども。ぽんこつママこなすです。

我が家の末っ子ちゃんコスモ。

彼女は生まれたときから生存本能が強かったです。

1歳8か月になった今、

どんどん磨かれるたくましさ。

親であるわたしとおったんも

びっくりするほどです。

1歳8か月末っ子たくましさ生存本能強くなる理由

考えてみました。

Sponsord Link

1歳8か月末っ子の生存本能が強い?

 

もしかすると

子だくさんの我が家だけかもしれませんが、

1歳8か月の末っ子コスモが

ますますたくましさを見せてくれます。

 

思い返すと生まれたときから

生存本能が強かったように思います。

そう思った理由をお話しますね。

 

理由その1、生後すぐからまばたき

いやいや生後すぐから

まばたきするなんて普通でしょ~。

 

と思ったかもしれませんが、

そうではないんです。

 

コスモが生まれたときは、

コタロー2歳、コモモ1歳でした。

 

生まれたばかりの赤ちゃんが

気になって気になって仕方がない怪獣たち。

 

我さきに触ろうとコスモに

乗っかかってくるからとても危険でした(;’∀’)

 

それが「怖い」と思ったのでしょうか?

赤ちゃんが恐怖を感じるのか不思議 でしたが、

明らかに目にあらわれたんですね~。

 

コタローとコモモが近づいてくると

目を閉じて顔をそむけるんです!!

 

生まれて間もない赤ちゃんは視力も弱く、

ほとんどぼんやりしか見えていないと

言われていますよね?

 

わたしもそう思っていました。

でも、

コスモは必ずコタローとコモモの

顔が自分の顔に近づくと

目をつむって顔をそむけたんです。

 

旦那おったんと

「絶対怖がっているよね??」

と話すほど。

 

この時点でコスモの

生存本能の強さを感じたのです。

 

理由その2、成長が早い

Sponsord Link

首がしっかりするのから

歩くまでがかなり早く、

わずか10か月で歩いていたコスモ。

 

9か月の後半にいきなり歩行練習開始。

しかも練習期間も短くて、

すぐにウォーキングをマスターしました。

 

きっと早く成長しなければ

お兄ちゃんとお姉ちゃんに殺されてしまう!

と思ったのか思っていないのか。

 

1歳8か月の現在はたくましい!

1歳の子供が反抗期?ご飯を食べなくなった理由は満腹中枢にあり?

2017.09.29

1歳8か月の現在のコスモは、

あまりにもたくましく成長しました。

 

3歳になったコモモを毎日泣かせます。

 

おもちゃを取られると、

泣きながらコモモに立ち向かい

噛みついたりつねったり

髪の毛を引っぱるもんだから、

コモモはたまりません。

 

いつも泣きながらわたしに

コスモにやられた~と言いにきます。

 

おもちゃを取ったコモモが悪いのですが、

絶対にコスモにやり返さないコモモは

とても優しい子です。かわいそうだけど・・・。

 

もちろん4歳のコタローにも

負けじと立ち向かっていきます。

 

大声で威嚇しながら

叩く噛みつくつねるの3連発。

 

コタローも泣くのですが、

あまりにも痛いようで叩き返すんですよね~。

 

お兄ちゃんお姉ちゃんに負けない

コスモ、恐るべしです(;´Д`)

 

賑やかを通りこして

うるさい我が家。

 

そのうち近所から苦情がこないか

心配しているこなすなのでした。

子どもに絵本を読み聞かせが大事って聞いたことありませんか?脳にいいとか、天才になるなどいろんな話を耳にしているでしょう。

 

我が家の長男の意外な才能は「絵本」に秘密があるようです。気になったら関連記事を読んでみてくださいね。

Sponsord Link

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です